• トピックス
  • ニュースリリース
  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
  • 企業情報
  • 採用情報

太陽光発電の日本エコシステムTOP > 戸建住宅のお客様 > 社員インタビュー

社員インタビュー

直撃現場インタビュー

第9回 東京本社 お客様相談室 吉武 大輔(2)

お客様相談室 吉武 「突撃インタビュー」 第二弾です。日本エコシステムで10年以上太陽光発電に関わり、たくさんのお客様と接してきたからこそ、伝えたいエピソードがあります。会社選びのポイントもぜひ参考にしてください。

<今回の直撃スタッフ>
東京本社
お客様相談室 吉武 大輔

プロフィール

星座:水瓶座 血液型:O型 趣味:フライフィッシング・登山 好きな言葉:抜群の安定感

仕事を行う上での自分の信念やこだわりを教えてください。

こだわりは、お客様にも社内の人間にも差別・区別をしないということです。私の仕事は人と向き合うこと。人ですから、いろいろな考えの人がいますし誤解や勘違いもあります。でも、どんな場合でも逃げずに誠意をもって正しく解決するという信念を持ち、臨んでいます。お客様は、相談したいから「お客様相談室」に電話をくださるわけです。時にはお怒りの場合もないわけではありません。お客様のお気持ちを理解し、誤解があるなら誤解を解いて差し上げたい。お客様がお買い上げくださった商品は、決して後悔するようなものではないとお伝えしたい。多くの人と関わると、たくさんの価値観に触れるので自分の感覚に自信がなくなることがあるかもしれませんが、自分の信じる平衡感覚を失わずに、誠実に人と人として向き合っていきたいと思います。もう一つは、日ごろから感じる力を鍛えるようにしていることです。私は登山やフライフィッシングが趣味で地図や山を見ることも好きなのですが、例えば魚が多い川がある山は自然林であることが多く、植林されている山の川には魚が少ないんです。状況は偶然ではなく必然なのです。釣りをするのにも、川だけをみるのではなく山や周りの自然に注意を払うことで見えてくるものがあります。お客様からのお問合せもそうです。時間帯、お客様の話し方、言葉使い、話の内容から本当にお客様が伝えたいことや求めていることを注意深く感じ取り、適切な対応を判断することが相談窓口には必要なことだと思います。

日本エコシステムの魅力・PRポイントは何だと思いますか?

対応が誠実であるということではないでしょうか。「お客様相談室」の存在が物語っているとも思いますが、お客様への窓口を開き誠実に対応する姿勢を見せている会社は、じつはそんなに多くないと思います。太陽光発電業界は、いまブームに乗って様々な会社が参入しています。営業から事務手続きまですべて一人で担当されている会社もありますし、メールのみの対応とうたっているところもあります。日本エコシステムでは営業、工事、事務、管理、そしてお客様相談室と、しっかりと業務が細分化されシステム化されているので社員一人一人がそれぞれの仕事に安心して専念できるので、それだけしっかりとした対応ができるのではないでしょうか。

太陽光発電を設置するときの会社選びのポイントは何だと思いますか?

もし私が、太陽光発電の設置を検討中のお客様の立場だとしたら、実績や工事の品質、サポート体制などすべてにおいて「安定感」がある会社を選びたいとは思いますが、決め手となるのは工事担当や営業担当の人間性のような気がします。直接会って話をするのは営業と工事の人間です。そうなると、服装や礼儀、約束の時間は守れているか、頼んだことはきちんとやってくれるかなど、そういう基本的なことが会社や商品への信頼にもつながるのではないでしょうか。自分の家は宝物ですよね。その宝物である家の屋根に設置するものを買うのですから、信頼関係はとても重要だと思います。会社のすべては担当営業に表れていると言っても過言ではないと思います。私たち古参の人間は、新しく入ってくる社員に「お客様に対して誠実に」と言い続け、今があります。お客様には、「信頼に値する営業が伺いますのでぜひおまかせいただきたい」と、社員たちにエールを送る意味でも声を大にして言いたいですね。

これから設置を検討されているお客様にメッセージをお願いたします。

太陽光発電が脚光を浴び、補助金が出たり多くの会社が参入して価格競争になり、金額的に導入しやすくなったのは事実ですが、太陽光発電の本当の魅力をお伝えできているのか疑問に思うことがあります。私たちの会社は10年以上前から専門の会社として太陽光発電を取り扱ってきました。まだ世の中に太陽光発電が浸透していない時代から、その将来性や魅力に着目してお客様にご案内してきました。太陽光発電というのは、「太陽光発電っておもしろい!」という発見と驚きがあるものなのです。石に光があたって電気ができる。なぜ?すごい!こんな感動が最初のステップであってほしいと私は思います。そして、太陽光発電をつけると天気が気になるようになり、四季をもっと意識するようになります。例えば「天気がいいから今日は外出しよう、そうすればその間は電気を使わなくて済むし、発電してあまった電気がたくさん売れる!」など、なんだか暮らしが楽しくなるというように、得られるものは経済効果だけではないということもお伝えしたいですね。太陽光発電は、太陽の光が降り注ぐかぎり発電できるというとてもシンプルなもの。だからこそ、もし設置をお考えならなるべく早く設置してその楽しみを感じていただきたいと思います。より多くの皆さまの暮らしに太陽光発電の豊かさが、楽しさが、届くといいと思いますね。

突撃インタビューは今回で最終回となります。

太陽光発電を愛してやまない、社員たちの声はいかがでしたでしょうか。
弊社社員の声が、皆様の太陽光設置ご検討の参考になれば幸いです。
ご愛読ありがとうございました!

ページトップへ戻る