• トピックス
  • ニュースリリース
  • 個人のお客様
  • 法人のお客様
  • 企業情報
  • 採用情報

太陽光発電の日本エコシステムTOP > ニュースリリース > 製品情報 > 日本エコシステムオリジナル「ピンクリボンモデル」の取扱開始致します。

ニュースリリース 製品情報

2013年12月02日

株式会社日本エコシステム


                               ハンファQセルズモジュールを対象とした
                日本エコシステムオリジナル「ピンクリボンモデル」の取扱開始
                     低照度でも高い発電効率を維持するQセルズ住宅用モジュールを対象
 
株式会社日本エコシステム(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村雅人、以下「日本エコシステム」)は2013年12月より、日本エコシステムオリジナル「ピンクリボンモデル」(ハンファQセルズ製住宅用太陽光モジュールを使用)の販売を開始致します。

2013120201.jpg 会社設立当初は、男性社員比率が非常に高かった当社が近年では、女性社員も多く活躍するようになりました。その中で女性社員が中心となった開発チームで「何か社会に貢献できないか」と考えたことをきっかけに、弊社としても一般のご家庭の幸せな未来のため何かできることはないかと考え、「女性の健康と笑顔を応援する」ピンクリボン運動支援し、公益財団法人日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」へ本商品売上の一部※1を寄付することとなりました。
ほほえみ基金寄付対象商品は、ハンファQセルズ製のメインモジュール単結晶Q.PEAK-G2 265となります。1枚のパネルで265Wの高出力を生み出し、低照度でも高い発電効率を維持する特性による実発電量の多さと25年の出力保証の裏付けにもなる業界水準比較で2倍強の堅牢性を持つドイツ品質で、日本列島においてもその実力を発揮します。

ピンクリボンモデルを10W出荷毎に1円を日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄付致します。 当社は太陽光発電のシステムでご家庭の光熱費を考えると同時に、奥様やお母様、ご家族の健康を考えるきっかけになるよう太陽光発電イベントや常設店舗にて啓発活動を実施致します。そして女性だけでなくパートナーの方をはじめ、ご家族の方に「自分のことは後回し」と考えがちな日本の女性が自分の体を気遣うサポートとして、女性の健康を一緒に考えていただくきっかけになれば幸いです。
日本エコシステムでは、太陽光発電システムを通じピンクリボンを応援し、日本における乳がん検診受診率を高める啓発活動を進めてまいります。
※1 対象商品10W出荷毎に1円を日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄付致します。

2013120202.jpg ■日本エコシステムオリジナル ピンクリボンモデル対象商品
メーカー:ハンファQセルズジャパン株式会社
型 番 :Q.PEAK-G2 265
寸 法 :1670mm×1000mm×50mm(フレーム含む)
セル数 :6×10(単結晶系太陽電池セル)
公称最大出力:265W(+5/-0W)
メーカー希望小売価格:196,100円(税抜)
補償される機器:住宅用太陽光発電システム(ソーラーパネル、パワーコンディショナ、接続箱、カラーモニター、架台、金具等)
補償期間:連系日より1年間(10年まで自動更新となります。)
補償対象の災害:火災、落雷、破裂、爆発、風災、震災、雪災、洪水、高潮、土砂崩れ等の水災、建物外部からの物体の落下、飛来、衝突
詳しくはハンファQセルズジャパン株式会社のHPをご確認ください。


■Qセルズ(Q CELLS)
Qセルズは1999年後期、太陽電池専門の製造企業としてドイツで設立され、2006年にはセルの生産量でヨーロッパ1位となり、2007年2008年にはセル生産量で2年連続世界第一となったブランドです。Q.PEAKはQセルズブランドの中でも住宅用に適した美観の良い、高品質モジュールのラインナップ名です。
URL: http:// www.q-cells.jp

■ピンクリボン
ピンクリボン運動とは、ピンクリボン運動とは、1980年代にアメリカでスタートした乳がんの啓発活動。行政、市民団体、企業などが積極的に乳がんの早期発見・診断・治療の啓発活動に取り組んだ結果、乳がん検診受診率が上がり、死亡率が低下したと言われています。現在は、多くの国々で運動が行われ、日本では2000年代に入り活動が盛んになりました。ピンクリボンは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える世界共通のシンボルマークです。

■乳がんをなくすほほえみ基金
「乳がんをなくすほほえみ基金」は、公益財団法人日本対がん協会が、2003年4月にピンクリボン活動など乳がん征圧のために設けた基金です。ほほえみ基金は、マンモグラフィなど乳がん検診機器の整備に加えて、患者・治癒者グループの活動支援、広報活動、がん相談、検診従事者の研修など、乳がん征圧に向けて幅広く使われています。

■公益財団法人日本対がん協会
日本対がん協会は、1958年8月、がんの早期発見や早期治療、生活習慣の改善によって、「がん撲滅」を目指そうという趣旨で設立されました。がん征圧を目標に掲げ、早期発見のための正しい知識の普及啓発、がん検診の推進、がん専門家の育成、患者支援、禁煙の推進など広く活動を展開しています。
URL: http://www.jcancer.jp/


■日本エコシステム
創業から一貫して太陽光発電の販売・施工を行い、2009年に伊藤忠商事(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広)の資本参加をうけました。2013年には楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)の100%連結子会社であるRSエンパワメント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙澤 廣志)を通じて資本参加をうけました。
全国14拠点を展開する太陽光発電設備の販売・施工会社で、住宅用においては業界トップクラスの累計3万棟以上の販売施工実績があります。全国の大型ショッピングセンターにてテナント(常設店)やイベントでエンドユーザーへ直接案内するほか、公共・産業施設や賃貸アパート、遊休地への導入のご案内も行っております。

【会社概要】
会社名 :株式会社日本エコシステム
本社所在地 :東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂森ビル9F
代表者 :中村雅人
業務内容 :太陽光発電システムの販売・取付工事、それに付帯する一切の業務
設立年月 :1997年5月
資本金 :3億7283万円
従業員数 :308名(平成25年4月現在)
WEBサイト :日本エコシステム企業サイト
        太陽光発電なら省エネドットコム
         節電ライフ情報なら節電ネット


  【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社日本エコシステム 人事総務部 広報室  Tel:03-5549-6366

新着一覧へ戻る

ページトップへ戻る