ニュース news

業界初、マンションへの蓄電池システム導入〜太陽光パネル設置を日本エコシステムが請け負うことになりました

株式会社日本エコシステムは、伊藤忠商事株式会社と伊藤忠都市開発株式会社が行う、世田谷の
分譲マンションの共用部照明消費電力CO2排出ゼロ化に向けた取り組みでの太陽光パネル設置を請け負うことになりました。

この取組みは、太陽光パネルの他、定置用蓄電システム、LED(発光ダイオード)を導入することにより、マンション共用部の照明消費電力のほぼ全量を太陽光発電で賄い、クリーンエネルギーを地産地消する効率的なしくみを構築します。
対象となるマンションは、クレヴィア二子玉川(東京都世田谷区)総戸数51戸、5階建ての分譲マンションで、2010年1月から販売を開始、2011年3月から入居予定となっています。
今回、業界初の試みとなる蓄電システムの導入により、太陽光発電でマンション共用部の昼間消費電力へ供給されるだけでなく、その余剰分を貯蔵し、共用部の夜間消費電力にも割り当てることが可能となります。
更に、電灯自体にも電力消費の低いLEDを採用することで、マンション共用部の年間照明消費電力約36,900kWhを約10,000kwhへ低減し、そのほぼ全量をクリーンエネルギーで賄います。CO2排出量に換算しますと、年間約20.5トンのCO2排出量が削減される計算となります※。
また、マンション住民の皆様には、共用部の電力消費の低減に伴い、1戸当たり月々約1,200円の管理費負担が軽減されることもメリットとなります。尚、電気自動車のカーシェアリングも本マンションに導
入される予定です。
2009年11月27日に当社より発表しました「クリーンエネルギーを活用した低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト」と同様、太陽光パネルから蓄電池への充電量、蓄電池からマンション共用部への消費量、及び、電池の劣化情報をリアルタイムで監視することで、更なるシステムの向上を図ります。
※ CO2排出量は、経済産業省・環境省令第3号において定められているCO2排出係数の
デフォルト値0.000555t-CO2を用いて計算しています。
—————————————————————————————
▼伊藤忠商事ホームページ ニュースリリースにて〔2009/12/16〕
  同内容についての詳細が掲載されております。
http://www.itochu.co.jp/ja/news/2009/091216.html
—————————————————————————————